データ・ユニオンは、土地の地盤調査および不同沈下・液状化による地盤補強工事のプロフェッショナルです。

データ・ユニオンは、土地の地盤調査および不同沈下・液状化による地盤補強工事のプロフェッショナルです。

調査の必要性? 宅地地盤について 会社案内 お問合せ
リンク
データ・ユニオン Topへ よくあるご質問
この度発生いたしました「東日本大地震」により、被害された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興をお祈り申し上げます。
液状化や自然沈下等による『建築物の不具合』でお困りの方へ

現地および周辺の観察をいたします・・・・ 3,000円

  • 当社営業マンが液状化発生現地に訪問し、
    建物および周辺の観察を行いながら直接お話しをさせて頂きます。
  • 当社バックデータに「近隣の地盤調査データ」がある場合、持参してお渡しすることができます。
    (距離の離れた場所のデータや近隣のデータ自体が無い場合もございます)
  • 建築物の不具合の程度、周辺の液状化発生状況を観察し、調査方法、補強方法、予算等の方向性ついてご提案をさせて頂きます。
    ※直しやすい建物(基礎)・・・・ ベタ基礎 > 布基礎 > 無筋基礎
  • ただし、建築物や周辺の状況によりご提案ができないケースもございます。
    例)倒壊している建築物、築年数が30年以上の建築物、道路が極端に狭い場合等
液状化現象により地下よりあふれ出た状態
液状化現象により地下よりあふれ出た状態

tel電話でのお問合せ: 0467-79-5557 担当:入澤 mailメールでのお問合せ: こちら

補足事項

  • 液状化に関する対応エリアは東京都、神奈川県、千葉県となります。
    (その他エリアについてご対応ができる可能性もございますので、お電話にてご確認下さい)
  • 対応できる建築物は、木造1F~3Fとなります。
    (地下室、RC造、鉄骨造等、その他の構造体に関しては、お電話にてご確認下さい)
  • 建築物の沈下状況や周辺の状況、地盤調査データにより、ご提案の内容が著しく変わるため、
    お電話のみによるご質問への対応をすることはできません。
  • 限られた人数での対応となりますので、
    ご訪問までに1~2週間程度のご猶予を頂く場合もございます。
液状化現象により沈下した歩道
液状化現象により沈下した歩道
 

 弊社は一般戸建住宅専門の地盤調査・地盤補強工事・地盤コンサルティング・地盤10年保証および敷地の現況測量等、どなたの建物であっても住宅を建てる際には必ず必要となる地盤情報の提供そして施工を業務内容としています。

 これまで10数年、全国とくに関東地区を中心に事業を行ってまいりました。神奈川県の地盤については、豊富な地盤データを持ち、地盤調査受付から、地盤保証までをスムースな流れに乗せ、皆様の大切な家造りに地盤の安心という欠かせてはならない部分を担当しています。40,000件の地盤調査を実施し、ただ1件だけ不同沈下事故を起こしてしまいました、言い訳はあります、しかし隠しません、私たち自身がこれを教訓とし、肝に銘じ地盤のプロフェッショナルとして日夜研究し努力を重ねてゆきたいと考えています。

 これからも新築される皆様の縁の下の力持ちとして、土地家屋資産を守るため、不同沈下事故ゼロを目指していきたいと願っています。

 
 
 

ここに掲載する情報を無断で複製・転載することを禁じます。
(c)2006-2017 Data Union co.,Ltd. All Right Reserved / ASP by LCC.co